赤カニアイコン

生きたカニの取扱について

当店では、生きた越前ガニがご自宅に届いても、安心してお召し上がり頂けるようカニの持ち方、扱い方、保存の仕方などをご紹介しております。

カニの持ち方

お届けするズワイガニの爪には輪ゴムが付いており、ハサミが開かないようになっております。箱から取り出す時は、甲羅を鷲掴みにして持ち上げるか、両方の爪を持ち、持ち上げてください。

※なお、もしズワイガニに挟まれることがありましたら、お腹の部分を地面につけることでハサミを離す習性を持っておりますので落ち着いてご対応ください。また、カニの中でも挟む力は弱い為、大けがに至る場合はございません。

カニの扱い方

カニは非常に繊細な生き物ですので、乱暴には扱わないでください。なお、生きたカニを茹でる場合は、必ず真水に10分程度つけ絞めてから調理をしてください。生きたまま熱湯に入れると、腕を全て離してしまうことがありますのでご注意ください。

カニの保存方法

原則として、届いた当日にお召し上がりいただくことをおススメ致しますが、万が一、カニを生きた状態で保存する場合は、トレーにクッキングペーパーを3枚ほどひき、必ず甲羅を下にし、しっかりとラップをしてから保存してください。なお、ラップには10か所ほど爪楊枝で穴をあけ、酸素の通り道を作り、カニが呼吸できるようにしてください。ご自宅の冷蔵庫にチルド庫があればチルド庫にて保存して頂き、ない場合は野菜室などの低温環境で保存してください。なお、茹でガニにして冷凍保存することで、長期間保存することが可能となりますが、身がパサパサになるといった品質の劣化は避けられませんので予めご了承ください。

【注意】カニは死んだ後、急速に色が悪くなり1日で真っ黒に変色する場合がございます。なお、死んで黒く変色したカニは食べることが出来ませんので、予めご了承ください。